【2期生紹介】Storyline Coffee Company

【ビジネス概要】
すでに手がけているルワンダのコーヒー農園支援ビジネスの新たな市場開拓として、国内だけでなく、世界市場も見越したデカフェ(カフェインレス)商品の開発、販売を計画。ルワンダ復興と農夫の生活向上・支援を目的とした、ルワンダ産コーヒーの生産および独自のサプライチェーンによるサスティナブルビジネスの実現を目指す。

image1 (14)

【チームメンバー】
加藤和明(左)
米国にて専門的トレーニングを受け、コーヒーコンサルタントとして活躍。現在は輸入会社のコンサル業務でルワンダコーヒーのビジネスに関わる。チームの役割はコーヒースペシャリストとしての専門的判断とサスティナブルビジネス実現の最高責任者。
北澤順子(右)
欧米の戦略デザイン会社でビジネスデザインに携わる。チームの役割は事業戦略、営業・マーケティング

【チームから一言】
Storyline Coffee Companyは、世界でもトップクラスのスペシャリティコーヒーをアフリカ・ルワンダで生産し、ダイレクトに輸入しています。私たちはこれまでの経験やネットワーク、技術を活用し、コーヒーが飲みたくても飲めないカフェインを制限されている人々に、今までにない美味しいデカフェ(カフェインレスコーヒー)を作ってお届けしたいと考えています。高齢化・健康志向によりデカフェ需要が高まる中、「デカフェはまずい」という概念を覆し、コーヒーをイノベートすることが私たちのミッションです。

このデカフェ事業はルワンダコーヒーの新しい市場を開拓し、CSVビジネスとしてルワンダ国の内戦からの復興にも貢献しています。