【第1期】ventusが展開する電子トレカ売買サービスwhooop!が、川崎フロンターレなど5つのJリーグクラブとの連携を決定!

株式会社ventus(代表取締役社長:小林泰)は、2019シーズンより、同社が展開する「電子トレカ」売買サービス「whooop!」について、サッカー・Jリーグに所属するクラブと連携し、各クラブのスペシャルページにて、オリジナルトレカの製作を開始することをお知らせいたします。今回の5つのクラブの発表を皮切りに、第二弾以降のJリーグクラブとの連携を発表する予定です。

 

■whooop!とJリーグクラブの連携について
「電子トレカ」売買サービスwhooop!では、2019年2月に開幕する2019シーズンより、Jリーグクラブの「電子トレカ」の製作を開始して参ります。
whooop!が製作する電子トレカは、選手の魅力が詰まったオフショットを中心とした、クラブごとのオリジナルトレカです。
電子トレカは、各クラブの独自ページにおいて購入することができます。

ユーザーはチームからトレカを購入することで、大好きなJリーグクラブを支援できるほか、トレカのサービス内ユーザー売買、コレクション、そしてトレカを行使することによる特典をお楽しみいただけるようになります。
具体的なトレカの販売開始日時、特典の展開開始日時等については、後日発表する予定です。

各クラブ所属選手の魅力溢れるトレカは、シーズンを通して随時、追加発行を予定。
トレカを集めて使うことによってゲットできる、ここにしかないファンサービスも搭載予定。
ここにしかないレアな電子トレカを手に入れて、大好きなJリーグクラブを応援しよう。

■連携するJリーグクラブについて
来シーズンより連携が決定しているチームは、以下の通りです。
□川崎フロンターレ(J1)
□アルビレックス新潟(J2)
□アビスパ福岡(J2)
□ツエーゲン金沢(J2)
□栃木SC(J2)
以上の他にも、25チーム以上のJリーグクラブとの連携を検討しており、2019シーズン開幕に向け、多数のJリーグクラブとの連携を予定しております。
今回の5クラブとの連携を第一弾として、2019年シーズン開幕までに随時連携クラブを発表する予定です。

■whooop!とは
whooop!は、スポーツチームやアスリートがオンライン上でトレーディングカードを発行し、それをファンが購入、コレクションするサービスです。
ファンは、カードの購入を通して、愛するチームを支援できるとともに、カードコレクションにより特別な特典を獲得することができます。
カードコレクションなどから各チームにおける「ファンランキング」も実装。自らの「ファン度」を他のファンに証明することができます。
チームには、ファンからの新たな資金獲得手段を。
そして、カードのコレクションやその行使を通して、ファンをチームに「参加」させ、もっと「チームの一員」に。
スポーツ界におけるファンとチームの新たな関係性を、whooop!で提案します。

■サービス情報
サービス名:whooop!(フープ!)
URL:https://www.whooop.jp

■会社情報
株式会社ventus
住所:東京都渋谷区神南1-12-16
設立:2017年11月1日
役員:代表取締役 小林泰
取締役 梅澤優太
URL:https://www.ventus-inc.com