スタートアップのためのマネー講座を実施しました

4月23日、千代田区一ツ橋の当社ワークスペースで「知らないでは済まされない!新年度注目の公的助成と株式投資型クラウドファンディング活用術」を実施しました。当日は20名の定員を上回る22名の方々に参加いただき、前半は「知っている人だけトクをする!2019年度スタートアップ向け補助金・助成金・税制」と題して、西原弘氏(サステイナブル・デザイン研究所代表取締役)が講演、後半は「株式投資型クラウドファンディングのメリットと留意点」と題して、安田次郎氏(ユニコーン代表取締役)が講演、その後、情報交換の時間を設け、講師と参加者の間で活発な意見交換がなされました。

このなかで西原氏は、助成金と補助金の違いなど基本的なことから、2019年度に活用すべき具体的な事例を解説。また、助成金などの情報を自分で調べることで、会社の状況にフィットしたプログラムの情報を早く獲得することが大切とのアドバイスもありました。

一方、安田氏はクラウドファンディングの定義やその種類、それぞれのメリットとデメリットについて解説。スタートアップの新しい資金調達法として注目される株式投資型のクラウドファンディングについては、日本での利用が拡大し、累計の調達額が20億円を超えたことなどの報告もありました。また、同社はこのサービスにおいては後発であるものの、証券会社出身のプロが運営しており、様々なサポートで投資家と起業家の双方に高い価値を提供したいとも語っていました。

当社では、今後も様々な勉強会を実施の予定です。実施する内容については、このHPやpeatix等で随時発信します。興味のある催しには是非ご参加下さい。