【1期生情報】Eighty Days 訪日外国人向けに「ストーリーある旅」の販売を開始!

Eighty Days株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役:グランジェ 七海、以下、Eighty Daysと記載)は、欧米を中心とした訪日外国人旅行客(以下、訪日外客と記載)向けに、非日常感とその土地ならではの文化や芸能、行事が体験できる「ストーリーのある旅」の販売を自社ウェブサイト(http://www.80days.co.jp/)で開始しました。ユヌス・ソーシャルビジネス認定企業であるEighty Days は、人口減少に直面する地方へ訪日外客を誘い、地域の文化の継承や経済の活性化に貢献していきます。

Eighty Days ウェブサイトEighty Days ウェブサイト

日本は、2011年に人口減少元年を迎えました。特に地方では経済の縮小に始まり、地域に根差した文化や芸能、行事の担い手不足など、さまざまな社会課題が生じています。一方で、訪日外客は増え続け、この10年間で3倍以上(2008年:835万人、2017年:2869万人 出典:日本政府観光局(JNTO))になりました。政府は、2020年に訪日外客を4000万人とする目標を掲げています。

しかし、訪日外客の急増によって住民の生活に支障が起きる観光公害やオーバーツーリズムなどの問題が起きている地域もあります。また、個人旅行やリピーターの増加、SNSによる情報収集と拡散など、旅のスタイルやニーズも目まぐるしく変化しています。

鎌倉時代から続く関の刀剣 写真提供:関市役所鎌倉時代から続く関の刀剣 写真提供:関市役所

Eighty Daysは、訪日外客にあまり知られていない、美しい日本の田舎に滞在しながら(Explore the Unknown)、その土地の伝統である文化や芸能、行事を体験できる(For Special Moments)「ストーリーのある旅」を提案します。環境や地域への影響を考慮した少人数の参加者(Small Groups)が、地元の方と交流をして日常を垣間見ながら、旅行者にとっての非日常感を味わい、自分自身の最高のストーリーを紡いでいきます(Live a Great Story)。

水郷の町を廻る山車 写真提供:佐原商工会議所水郷の町を廻る山車 写真提供:佐原商工会議所

自社ウェブサイトで、Samurai Heritage(岐阜県関市の日本刀職人訪問、日本刀作り、居合体験など・4日間・2880米ドル)、Sawara Festival(千葉県香取市佐原にて地元の方に踊りを教えてもらいユネスコ無形文化財となった大祭の一員に・4日間・1190米ドル)など、ユニークなストーリーを持つ8つの旅の提供を開始しました。今後も、行事や季節などにあわせてツアーを順次ご案内する予定です。

 

■    Eighty Days株式会社について ■
Eighty Days株式会社は、“Live a Great Story -最高のストーリーを旅する-” を欧米と中心とした訪日外国人旅行客に提案する旅行会社です。地元の人と出会い、地方にある日常を「思いがけない出会いや体験できる旅」として提供しています。
ノーベル平和賞受賞のムハマド・ユヌス博士氏が提唱するソーシャル・ビジネスの7 原則を順守して事業展開を行うユヌス・ソーシャルビジネス企業に認定されています。
(東京都知事登録旅行業第2種7540号、設立:2016年11月)