【第2期】ブルームスキーム 1着1秒での試着を可能とする3D試着サービスの体験版をリリース

株式会社ブルームスキーム(本社:渋谷区、代表取締役:中里裕史)は、本日3月7日、人工知能と3Dスキャニングの技術を駆使した3D試着サービス「Kimakuri」の体験版を公開しました。ユーザーは、スマートフォンから顔写真を1枚アップロード・体型を入力することで、自身にそっくりな3Dアバターを作成でき、そのアバターに服を着せることで、いつでもどこでも、1着1秒(※1)で試着をすることが可能です。またアパレル事業者は、ユーザーのアバターに自社商品を着せる形のコーディネート提案を送信することで、販売促進に繋げることができます。体験版では、女性アバターの作成とコーディネート3種類の試着が可能です。体験版の公開を通じて、実証実験に向けたパートナー事業者を募ります。

d41269-1-545494-0

■サービスURL
https://kimakuri.com

■『Kimakuri』が解決する問題:「似合う服を見つけられない」
我々は、「似合う服を見つけられない」問題の解決を通じて、「全ての人がファッションに自信を持ち、輝ける世界」の実現を目指しています。
現在、日本人女性の9割がファッションに興味を持っているにも関わらず(※2)、5割程度が自分に似合うファッションスタイルを把握できていません(※3)。これは、女性の半数が普段着ている衣服が似合っているか確信を持てていないことを意味しており、結果として7割がファッションに自信を持てずにいます(※4)。
我々はこうした方々に向けて、何百着もの服を、数分のうちに、場所に依らず試着できる機会を提供することで、全ての人が自分に似合う服やスタイルを正確に把握し、ファッションに自信を持てる世界を実現します。

続きを読む