第4期プログラム・採択チーム

〈第4期プログラム 採択チーム 概要〉

 第4期プログラムへの応募は、首都圏だけでなく、京都府や岩手県、長崎県など全国からビジネスプランへの応募があり、書類選考、面接選考を経て選抜された13チームで最終選考会を行いました。応募者の年齢層も、高校生から60代まで非常に幅広い応募がありました。

 6チームが採択され、メンタリングに進んだ5チームは、3か月間にわたり、著名起業家などのアドバイスでアイデアやサービスを磨き、法務や財務、マーケティングといった起業ノウハウを専門家から学びます。投資家や大手企業の担当者を招いて3カ月間の成果を披露する「DEMO DAY」は10月4日に開催されます。

 

■プログラム期間:2019年6月12日~9月11日

■最終発表会〈DEMO DAY〉:2019年10月4日

 

■採択6チーム

1)Eifer合同会社(代表:YUKI NOJIRI)

2)株式会社Hacksii(代表:高橋未来)

3)株式会社耳勉(代表:諏訪兼久)

4)株式会社Parnovi(代表:遠藤玲希央)

5)株式会社Wondrous(代表:遠藤栄一)

6)ミルコル

 

■メンタリング対象 5チーム紹介

1)Eifer合同会社(代表:YUKI TAJIRI)

logo 「誰もが自分が幸せになれるオプションを複数持ち、それを主体的に選択できる社会を創る」をビジョンに創業。著しい経済成長を遂げながら、広大な大草原での暮らしが残るモンゴルの遊牧民を訪ね、「場所にとらわれずに生きる」実践型体験学習旅行「ネクスト・チンギスハン」を提供する。転職や就職などキャリアに迷いがある方々などに対し、遊牧民生活やチームビルディングを通じて自分自身を全力で見つめる機会を作る。

 

2)株式会社Hacksii(代表:高橋未来)

.jpg 「誰もが自信を持って自分の意見を言える社会にしたい」という思いで創業。独自開発した「キッチン学」を活用し、レシピのない料理教室サービス「ハクシノレシピ」という教育支援事業を提供する。3歳からの子供に対する有料レッスンで、考える力、チャレンジ精神、表現の豊かさ、伝える力を育むと同時に、保護者の教育に対する意識を変えることを目指す。

 

3)株式会社耳勉(代表:諏訪兼久)

.PNG 多忙な中で効率よく暗記して資格試験に合格するために、ノイズが混じることでより集中して聞こうとする脳の特性を活かした暗記がしやすくなる音声教材「耳勉(みみべん)」を提供する。現在は宅建士版のみアプリ提供をしているが、将来的には様々な士業、ビジネス、教育関連などの資格試験に応用することを目指す。

 

4)株式会社Parnovi(代表:遠藤玲希央)

.png 「頑張っている“いのち”が報われる社会を作る」ことをビジョンに掲げ、ブロックチェーンを活用し、ペットの飼い主の写真投稿からペットサービスを探せるクチコミSNS「parnovi(パルノビ)」を開発する。増えすぎたペット関連サービスと情報の氾濫で飼い主が逆に迷ってしまう状況を打破することによる「個人と動物の生活」だけでなく、評価経済による価値設計で「ペット社会のシステム」そのものの変革を目指す。

 

5)株式会社Wondrous(代表:遠藤栄一)

wondrous 「グローバル市場でNo.1を獲れる革新的なAIビジネスを生み出す」ことを目的としたAI企業。不動産競売データを活用し、業界で初めてAIにより落札価格の予測シミュレーション機能を搭載する「競売マンションドットコムPRO」、および住宅ローン融資における担保評価をAIが代替する金融機関向けサービス「OlivviA」を提供する。経験則や勘にとらわれない信頼性の向上を目指す。