精密林業計測

【サービス概要】
信州大学が保有する森林資源解析に関する知的財産を用いて、ドローンで計測されたレーザー点群及び写真から、精密な一本一本の森林資源情報を解析して提供するサービス。森林整備を進めるうえで必要となる森林資源調査を、従来調査方法と比較して短時間で正確に従来方法では得られない情報もつけて行うことが可能になる。

1

【チーム概要】
竹中悠輝(代表取締役)
レーザー搭載ドローンの計測及び計測データの処理。写真撮影用ドローンの計測。人工衛星画像の解析。画像撮影用ドローンの解析以外をだいたい担当
2
張桂安(従業員)
画像撮影用ドローンの計測と解析を担当

加藤正人(技術顧問)
信州大学山岳科学研究所教授。森林を対象としたリモートセンシングに関する研究に長年従事。林野庁や都道府県森林林業研究所の委員会座長多数。森林資源解析に関する知財の発明者。都道府県や市町村でスマート林業の講演会を実施

トウソウキュウ(社外アドバイザー)
信州大学山岳科学研究所研究員。森林を対象としたリモートセンシング全般の研究開発を信州大学で行う